いよいよスタートした裁判員制度。少しでも理解を深めて頂く為にその概要を解説致します。

裁判員制度.com

裁判員制度について学ぼう

裁判員制度の基礎知識
鼾ル判員制度の問題点

裁判員制度には問題点がいくつかあります。

まず、陪審制度と異なり、
初めて参加する一般の国民はもちろんのこと、
従来の裁判の方式で裁判に関わってきた
裁判官・弁護士・検察官にとっても、初めての経験であり、

裁判員制度の導入、そして今後継続していくために、
まずは裁判員制度の基礎的な知識を持って、
理解を高める必要があります。

一言で裁判と言っても、
実にさまざまなものがあります。

中には1回の裁判だけで終わらず回数が多く、
年月も長くかかる裁判もあります。

裁判員制度に参加する一般国民は、
このような裁判に参加するには、
無理があると思われます。

裁判の時間に関する問題点についても、
今後は十分配慮していく必要があります。

また、裁判員制度は、
一般の国民に対して法的に義務が課されることになります。
一部の例外を除いて、
強制的に参加しなければなりません。

裁判員制度によって拘束される時間は、
3〜6日程度です。

なお、裁判員に選ばれたのに、
正当な理由がなく裁判所に出頭しなかった場合は、
10万円以下の過料の制裁を受ける場合があります。

UP▲

~裁判員制度.com

Copy right(C)
裁判員制度.com
All Rights Reserved.


裁判員制度.com