いよいよスタートした裁判員制度。少しでも理解を深めて頂く為にその概要を解説致します。

裁判員制度.com

裁判員制度について学ぼう

裁判員制度Q&A
鼾ル判員を辞退する場合

Q.子育てや介護などに追われて、なかなか家をあけられない、または仕事が忙しくい場合に、辞退することが認められますか?

A.
裁判員法が定めたところの事由に該当すれば、
例外的な辞退が認められます。

年齢が70歳以上の人、
学生、会期中の地方公共団体議会の議員などは
辞退を申し出ることが可能です。

また、同居中の家族の介護や子育てなど、
裁判員を行うことが困難と思われる場合にも辞退の申し出ができます。

仕事をしている人の場合、
単に仕事が忙しいという理由での辞退はできませんが、
その人でなければ業務上難しいと思われる場合には、
辞退の申し出が可能です。

就職禁止事由と言って、裁判員になれない人がいます。
都道府県の知事、市町村長、大学の法律学の教授・助教授、裁判官、検察官、弁護士、司法書士など、
国会議員な国の行政機関の幹部職員などは、
就職禁止事由により裁判員にはなれません。

UP▲

~裁判員制度.com

Copy right(C)
裁判員制度.com
All Rights Reserved.


裁判員制度.com