いよいよスタートした裁判員制度。少しでも理解を深めて頂く為にその概要を解説致します。

裁判員制度.com

裁判員制度について学ぼう

裁判員の職務内容と専門用語
齒リ拠と立証

裁判の中では、
必ず「証拠」という言葉が出てきます。

主張をきちんと裏付けするには、
当事者側が提出する資料として、証拠が必要になります。
その証拠に基づき、当事者が主張する事実がどうなのか、
裁判所が判断するのに必要となります。

もうひとつ、立証という言葉があります。

立証とは、
証拠による事実や主張を裏付けるための当事者の行為のことを指します。

このような事実があったと主張した場合に、
事実があったことを裏付けるのに、
証拠を提出して立証を行ったものの、
事実とつじつまが合わなかった、
こういう場合には立証できなかったということになります。

本来、裁判の世界は、
民事裁判も刑事裁判もすべての裁判において、
証拠と立証がその基本となります。

UP▲

~裁判員制度.com

Copy right(C)
裁判員制度.com
All Rights Reserved.


裁判員制度.com